LOG in NZ

そこらへんの大学生がニュージーランドでワーホリしてみる話。

バッパーって案外良いのかもしれない。

f:id:imakko:20170315083726j:image

(すごいシュール)

 

こんにちは。

 

明日で日本を離れて1か月が経ちます。

そしてタウランガに移りバッパー生活を始めて今日で3週間が経ちました。時が経つのは本当に早い。

 

 

バッパー生活は案外快適です。快適どころか超楽しいです。

みんなでいつもワイワイしてます。

最初こそ色々と不安だったけど、結局は杞憂だったなあ。

 

 

今まで何回もバッパーバッパー言ってますが、そもそもバッパーとは何ぞやと言うと、主にバックパッカーバックパック一つで旅行してる人)向けの安宿のこと。

 

具体的にどんな感じかというと、1つの部屋に二段ベッドがいくつもあって、寝泊りは他の人と一緒。

キッチン、シャワー、トイレ、冷蔵庫、洗濯機などもすべて共用です。

 

ちなみにお値段はバッパーのある地域や部屋のタイプで変わりますが、私の場合だと1週間$140。1日1500円ちょっと。お安い。

 

そんな感じのところに滞在してます。

 

 

ワーホリしてる人の長期滞在方法は、フラットやホームステイがほとんどなのかもしれないけど、バッパーも案外良いと思います。

 

いろんな国からいろんな年齢層の人がばんばん来るので、友達たくさんできるし、その人の経験談や、その国の言葉や文化を知る機会にもなるし、その国訛りの英語に慣れることもできる笑

 

あと、たまに各国のごはんをみんなでシェアしたりもします。

私はアジアンショップで材料揃えてお好み焼きを作ったけどすごい人気でした。

きっとソースが美味しいんだな!

 

とにかく毎日わいわいしてて楽しいです。

 

 

ただ、寝泊りは一緒の部屋だけどみんな生活リズムが違うので、ほかの人が寝てるときに部屋を出入りしたり、逆に自分が寝てるときに人が出入りするのは当たり前。

 

男女共同部屋だと、男性は全然平気かもしれないけど、女性は着替えるのにトイレやシャワー室で着替えたりもします。

 

また、洗濯物もみんな同じ場所に干すので、普通にパンツとかその他諸々が大っぴらです。(私はバスタオルで囲んで隠して干してる)

 

プライベートは全くない感じ。

 

なので、バッパーは色んな国の人と出会いたいひとにはうってつけの場所だけど、常に人が出入りするのが嫌いな人、プライベートが欲しい人にはキツい環境かもしれない...

 

でも、それさえ気にならないならバッパーで長期滞在もありなんじゃないかな~っと思います!

 

 

では!

 

P.S.

仕事見つかりました~~~~~~~~!!!!

働くぞ~~~~~~~~~~!!!!

 

 

 

 ↓押すと私が喜びます


にほんブログ村


にほんブログ村