LOG in NZ

そこらへんの大学生がニュージーランドでワーホリしてみる話。

パックハウスの仕事について

f:id:imakko:20170520232250j:image

(ゴールデンキウイと後ろにあるのはパックハウスから貰ってきた大量のキウイたち)

 


こんにちは、そしてハッピーイースター

今日はGood Fridayというパブリックホリデーです。

 

昨日上陸した嵐も過ぎて、お天気が良いのでお出かけしたいところですが、パブリックホリデーなので図書館もスーパーもお休み、バスも運休してるのでお菓子作りをして過ごしてます。

 

たまには女子っぽいことをしないと男化しそうで怖い。

 

 

パックハウスで働はじめてそろそろ1ヶ月経ちそうなので、実際パックハウスの仕事ってどんな感じなのか、給料のことも含めてざっくり説明しようと思います。

 

 

まずパックハウスで働くには、直接パックハウスに出向いてアプライかオンライン上でアプライします。

 

わたし的にオンライン上でアプライするよりも、直接出向いたほうが確実だと思います。

オンラインでアプライしても、そこから全く音沙汰ないとかよくあるみたい。

 

 

パックハウスでのポジションは主に、

良いキウイと商品にならないキウイを見分けるグレーダー

グレーダーから流れてきたキウイを箱詰めするパッカー

キウイを詰める箱を作るトレイプレッパー

パッカーから渡されたキウイの詰まった箱をは混んで積んでいくスタッカー

 

わたしはパッカーとして働いてます。

 

 

仕事内容的には、ただキウイを箱の詰めていくだけなので簡単ですが、めっっっちゃくちゃ忙しい時はすごいスピードで容赦なくキウイは来続けるわ、箱は足らなくなるわで色々と大変です。笑

 

 

時給は、私の場合、基本給$15.75にナイトシフトは+50セントで$16.25

働く時間は、基本夕方6時から朝4時まで。

unpayの休憩を抜いて9時間半労働です。

 

 

単純計算で週6で働けばたったの1週間でNZ$926.25(約7万円)稼げる!やったー!

と思いきや実際そんなうまくはいかない。

 

キウイフルーツを含めたシーズナルジョブの殆どは天気によって仕事が大きく左右されます。

もし雨が降れば、キウイフルーツピッキングはできないため、当然パックハウスにもキウイフルーツは運ばれずその日の仕事はお休みになります。

 

実際今のところ週6で働けたことは一度もありません。天気はどうやっても変えられないのでしょうがない...!

 

パックハウスで稼いだお金で中古車を買う予定なので、なんとしてでも稼がねばです。

頑張ろう...

 

まあそんな感じでございます。

 

 

最近インスタを開くとみんな桜の写真を投稿してて「日本は春なんだな〜」とか思いつつちょっと日本が恋しくなります。

 

こちとら冬に向かって寒くなってきてます。

あ〜わたしもお花見がしたい〜

 

 

では!