LOG in NZ

そこらへんの女子大生がニュージーランドでワーホリしてみる話。

NZワーホリを終えての話。

f:id:imakko:20180215144317j:plain


こんにちは。

無事にニュージーワーホリから生還しました。

 

帰国した後にちゃんとブログ書かなきゃなあ~と思いつつ、気づけばもう帰国してから1か月以上も経ってました。

流石に書かんと!ということで、今日はワーホリに行って良かったなーって思うことと、良くなかったことを書いていこうと思います。

 

 

ワーホリに行って良かったこと

・世界中に友達ができた

そりゃ、もう、たくさん

 

・たくさんの文化、価値観、考え方、生き方を知ることができた

最初は色々と理解できないことばかりで、ストレスで禿げるわ~~~~!!!!って思ったりしたことも多々あったけど、自分の当たり前はみんなの当たり前じゃないということに気づいたら、新しいことを知るのが楽しくて仕方なかった。

あと、そうやって色んなものを受け止められるようになってから、どうでもいいと思うことも多くなった。良い意味でも悪い意味でも。

文化は同じ日本人でも、価値観とか考え方とか生き方は人それぞれだから、私は日本人の人ともたくさんお話をしてました。先輩がたくさん。

 

・想像以上に色んな経験ができた

良いことも、もちろん悪いことも。人生で初めて経験したことも沢山。

 

・知らなかった自分をたくさん知れた

いろんなことを経験していくうちに、あれ、自分ってこんな性格だったんだ、と気づくことがとても多かった。

自分はこういう人です!って今まで決めつけてたんだなあとつくづく感じた。

 

・一人で身の回りのことができるようになった

料理とか洗濯とか。当たり前のこと。

パラパラのチャーハンは私に任せろ。(めちゃくちゃ作ってた)

 

・度胸がついた

人見知りだし消極的だし基本受け身だけど、そのままだとどうにもこうにも前に進めないから、どうにでもなれ~!って思ってお店に突撃訪問してCV配りまわったり、見知らぬ人に道を聞いたり、分からないことがあったら聞きに行ったりしているうちに、いつの間にか緊張せずにそういうことが普通にできるようになってた。

それでもやっぱり電話は嫌い。笑

 

・海外で自力で生活できる自信がついた

自分ですべてのことを決断して、自分で行動して働いて生活していかなきゃいけない環境で、(なんとか)やっていけたことは結構自分の中で自信につながっている気がします。"自分で”生活している、という感覚を感じたのも初めて。

 

・英語が話せるようになった、聞いて理解できるようになった

常に英語がある環境で生活をしても、やっぱりネイティブみたいには話せないし、言われたことを常に100%理解できるとは言い切れないけど、ワーホリに行く前の自分と比べたら、かなり話せるようになったし聞けるようにもなりました。

 

・やっぱり英語が好きだな~と思えた

何気なく英語を使っていたけど、英語が母語の人も英語が母語じゃない人も英語を使って繋がれるのってやっぱり素敵なことだと思えた。世界各国様々な国から来た人たちが一つの言語でコミュニケーションとれることってやっぱりすごいよ。英語って素敵な言語!!!

 

 

ワーホリに行って良くなかったこと

ハッキリ言おう。

そんなものはない。以上。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

私が自信を持って言えるのは、ワーホリに行って本当に良かったということ。

大学を休学してでも行って本当に良かった。思っていた以上に得るものが多すぎた。

楽しい事ばかりじゃなくて、やっぱり大変だったりしんどい時もたくさんあったけど、全部ひっくるめて良い経験だったなあと思います。

 

さっき書いたワーホリに行って良かったことも、書いたこと以外にもっとあると思うので、思いついたら書き足します。

 

そういえば、ちょうど一年前の今日ニュージーランドに飛びだちました。

緊張で胃がめっちゃ痛かったんだよなあ...

 

一年前の自分よ、

緊張と不安と期待と不安(2回目)できっと既に頭がパンク寸前だろうけど、もっとこれから頭がパンクになりそうなことがたくさん起こるぞ。

でも大抵のことはなんとかなるし、むしろ自分でなんとかするし、最後は行って本当に良かったなって思えるワーホリにして帰ってくるから大丈夫だ。楽しめ!

                               1年後の自分より

 

 

では~

 

 

↓押すと私が喜びます


にほんブログ村


にほんブログ村

 

帰国の準備をしようの話。

f:id:imakko:20180111110645j:image

こんにちは。

おとといネルソンを離れ、首都のウェリントンに来ました。

 

久々すぎる都会にめちゃめちゃ動揺しております。

あれ...?ここは東京かな...??銀座あたりっぽい...。(あまり銀座に行ったことないけどイメージ的に笑)

 

東京に住んどきながらですが、やっぱり私は田舎派です。

 

 

そういやわたくし帰国日を4日ばかり早めました。

きっと明日から日本に帰るまでネットが使えないと思われるので、これがニュージー最後の更新です。

 

今回は帰国準備のお話!

 

 

帰国前に必ずやること3つ

①タックスリターン

②日本に送金

③銀行口座を閉じる

 

 

①タックスリターン

タックスリターンとは、日本でいう確定申告みたいなもの。

これを申請すると、お給料から多く引かれた税金が戻ってくるシステムです。

 

本来なら毎年5月から7月にかけて申請期間が設けられているけど、申請期間外に帰国しちゃう人は自分でIRDのオフィスに行って申請しに行きます。

 

オフィスの受付で、「もうすぐ帰るからタックスリターンしたいです」と伝えれば記入フォームをくれて諸々説明してくれるので大丈夫です。

 

やり方や必要書類などの詳細はこちらに書いてあったのでリンクを貼っておきます。

newzealand-ryugaku.com

 

私は帰国まで時間がなかったので、銀行振り込みではなく日本の住所に小切手で郵送を選択しました。

小切手希望の場合は、銀行のアカウントナンバーを記入する欄は空白にして、住所を記入する欄に日本の住所を書けばおっけー!

 

 

②日本に送金

稼いだお金を日本に持って帰る場合、

①すべて引き出して現金で持ち帰る

②日本の口座に送金

の二通りの方法があります。

 

ちょっとした額なら現金で持ち帰れるけど、ウン千ドル持ち帰るなら送金しちゃったほうが安心だし安全です。

 

送金の方法もたくさんあるけど、私はカレンシーオンラインを使って日本の口座に送金しました。

 

詳しいやり方などはこちらへ。とっても参考になりました。

papillonimanishi.xyz

tomofeed.com

 

 

1週間もかからずにちゃんと日本の口座に送金されたし、初回の手数料も無料だったので、ワーホリ帰りの送金にとてもおすすめかも!

 

 

③銀行口座を閉じる

帰国後にニュージーの口座を使わない場合は閉じちゃいましょう。

その銀行口座から日本へ送金する場合は、ちゃんと日本の口座に送金されたことを確認してから!

 

銀行の窓口に行って「もうすぐ帰るから口座閉じたいです~」って言えば、その場ですぐ閉じてくれます。

 

閉じたら銀行のカードは回収されて使えなくなるので、これは帰国の前日とかにするのがいいかも。(土日祝日は銀行閉まってることをお忘れなく!

 

 

そんな感じで帰国準備は完了!サムズアップ!

 

 

 

明日ウェリントンを離れ、約12時間バスに揺られながらオークランドへ向かい、そのまま空港泊してからの朝の飛行機で日本へという感じなので、帰国は割とすぐそこです。

 

はよ白米が食べたいなあ。

...あと寿司。オムライス。牛丼。焼肉。焼き鳥。ハンバーグ。唐揚げ......食べたいものがたくさんありすぎて止まらない...笑

 

 

 では次は日本で!

 

 

NZワーホリ、最終的にいくら稼いで、いくら貯金できたのかの話。

f:id:imakko:20180106105119j:image

こんにちは。

気づけば年が明けて6日も経ってた。笑

明けましておめでとうございます。

 

先週最後の給料が入ったので、ついに計算してみました。

このワーホリでトータルいくら稼ぎ、いくら貯金できたのかを...。

 

正直、お金の話、気になるよね...私も気になってた。

だから今日はばばっと大公開します。

まあ、でも、みんながこうとは限らないから参考程度でお願いしやす。

 

 

仕事の経歴

まずは私の仕事の経歴から。全部で3つのお仕事をやりました。

 

最初はタウランガでキウイフルーツのパックハウス

2つ目は、ブレナムでミルクパウダー工場

3つ目が、同じくブレナムでワインのボトリング工場

 

すごい...全部日本では絶対やらないであろう仕事をしてる。うむ、これも経験。

 

 

いくら稼いだのか

ついに本題!仕事別にみていきます。

 

キウイフルーツのパックハウス

働いた期間:4か月

稼いだ金額:約8,000ドル

 

②ミルクパウダー工場

働いた期間:3か月

稼いだ金額:約4,500ドル

 

③ワインのボトリング工場

働いた期間:1か月半

稼いだ金額:約4,500ドル

 

合計:約17,000ドル

日本円にして約133万円。ひええ、日本でこんな額稼いだことない。

 

余談だけど、ミルクパウダー工場のほうが長く働いてるのにワイン工場と同じ額しか稼いでないのは、後半の2か月がデイオフ祭りだったからです。あの時はしんどかった...。

 

 

いくら貯金できたのか

続いて、いくら貯金できたのか。

当然いくらお金を稼いでも、生活している限りは最低でもアコモデーションや食べ物でお金がどんどん飛んでいきます。悲しい。(その他諸々、遊びに行ったりなんなりでもっとお金が飛ぶわけだけども)

 

そんなわけで、帰国まであと1週間半の私の口座にあとおいくら残っているのかを見てみました。

.

..

...

なんと約9,400ドル。日本円で約73万円

あと1週間半は生活していかなきゃいけないから帰るころにはもっと減るだろうけど、9000ドルは持って帰れそうな予感。

 

最初の頃は、3000ドル持って帰れたらラッキー!なんて思ってたけど、まさかその倍以上残るとは...。

 

これ、完全に出稼ぎレベル。

出稼ぎしにNZにワーホリしに来たわけじゃないけど、結果的にそんな感じになってしまった...。

 

でも多分、私の場合、旅行しなかったのが一番の大きな理由だと思います。

私よりもたくさん働いている人でも、私よりもお金持ってない人がほとんど。その分みんな色んなところに旅行しに行ってる。旅行費稼ぐために働いてる人が多かった気がします。

まあ、そんな感じ!

 

 

まとめ

稼いだ額:約17,000ドル

貯金できた額:約9,400ドル (9,000ドル)

 

私の場合はこんな感じだったけど、どんな仕事をして、どのくらい働いて、どんな生活をするかによってこの額は大きく変わってくると思うので、要は人それぞれです。

 

ワーホリを考えてる人、もしくはワーホリ中の人の参考になれば幸いです!

では!

 

最終章スタート

f:id:imakko:20171223122931j:image

 

こんにちは。

お久しぶりです。3カ月半ぶりの更新です。

 

季節はすっかり夏です。めっちゃ暑い。

暑いのにもうすぐクリスマスとか頭おかしくなりそうです。

 

 

前回の更新から今まで何をしていたかというと、ひたすら働いておりました( ˘ω˘ )

 

最初に仕事をゲットしたミルクパウダー工場は途中で辞めて、ワインのボトリングの工場に移り、今週の木曜日が仕事納めでした。

そして私のニュージーランドの労働生活も終わりました。

 

 

やったーーーーー!!!

開・放・感!!!

生きる為に、貯金の為に、ひたすら毎日毎日働いたよ!!!

自分に拍手を送りたい。よくここまで頑張った、自分...!!!

 

 

昨日から約2週間のクリスマスホリデーに入り、みんなブレナムを離れ、新たな旅に出ております。

 

気がつけば帰国まで1ヶ月を切り、ニュージーワーホリ最終章がスタートしたので、私も約4ヶ月半滞在したブレナムを離れ、頑張って貯金したお金で帰国まで旅に出....ようとしたけど辞めました

 

 

理由はただひとつ、

めんどくさいから( ˘ω˘ )

めんどくさいから〜〜( ˘ω˘ )

 

 

ハイシーズン真っ只中のニュージーランドにいながらコイツは何を言ってるんだって感じですが、旅行はしないで帰ることにしました。

完全に怠けの塊ですね、はい。

 

 

ちょっと勿体ない気もするけど、今回がニュージーに滞在するのが最後という訳ではないし、気が向いたら行けないこともないので!

まあ、いいじゃないの、人それぞれのワーホリの仕方があるんだから( ˘ω˘ )

 

 

明日ブレナムは出るけど、ネルソンにしばらく滞在してのんびりしてから、首都のウェリントンに行って、帰国の数日前にオークランドに行って日本に帰るという流れになりそうです。

 

 

タックスリターンや口座を閉めるくらいしかもうやることがないですが、今までガッツリ働いてきた分、のんび〜りゆっく〜り過ごそうと思います。

 

あと、かなり丸くなってしまったので帰るまでには元の体型に戻りたいな、切実に...!笑

 

 

 

それではハッピーメリークリスマス!

所持金たった25万でNZにワーホリに来た私の話でもしよう。

f:id:imakko:20170903091558j:image

(やっとニュージーランドらしい写真が撮れた気がする@Wither Hills Farm Park) 

 

どうもこんにちは。

 

覚えていらっしゃるだろうか。

今から約半年前、私はたった25万円を持ってニュージーランドに来てしまったことを。

 

ワーホリを考えている人の中には、お金がネックでなかなかワーホリに踏み出せない人もいるかと思うので、そんな私の話でも。

参考になるかは分からんけども!

 

 

ワーホリするにあたって、頑張ってバイトして少しずつお金を貯めてはいたものの、ワーホリ資金として最終的に貯められたのはたったの60万前後。

 

学生だもの。学業とバイトの両立は難しい( ˘ω˘ )

 

そして渡航準備でビザやら航空券やら海外保険やらなんらかんらで手元に残ったのはたった25万円。

 

 

imakko.hatenablog.com

 

 

ネットでワーホリの資金を調べると、100万円は必要と書いてある中、その4分の1の金額でワーホリに来てしまった私ですが、今まで一度も資金が尽きることなく、半年以上普通に生活できてます。

 

もう一度言います。普通に生活できてますぞ!

 

 

一番お金がピンチだった時は、キウイフルーツのパックハウスの仕事を始める前。

ニュージーランドに来て1ヶ月経った頃です。

 

キウイフルーツのシーズンのリサーチ不足で、シーズンが始まる1ヶ月前にタウランガに来てしまったため、その1ヶ月間は何もできずただお金が出て行くだけの生活。

 

仕事がやっと始まった時の所持金は$1000きってました...

 

それでも仕事が始まればお金は毎週入ってくるので貯まる一方!

パックハウスの仕事が終了した時の所持金は$5000近くに。

 

 

そしてタウランガを出て現在地ブレナムに移動してからも安定して仕事ができてるので、このままの調子であと2ヶ月働けば$10000近く貯まりそうです。

 

そこからしばらく旅行して帰国の予定ですが、かなり貯金して帰国できそうな予感( ˘ω˘ )

 

 

結果、所持金たったの25万円でもワーホリ+貯金できますぞ~~~!

 

 

ただ、どこに滞在しどういう仕事をしてどういう生活をするのかによって、使うお金と入ってくるお金が変わってくるので、私と同じように25万円で来てもギリギリ生活の人もいると思うし、逆にもっと稼いでもっと貯金できている人もいるかと思います。

 

 

ただ、お金がないから...とワーホリを諦めるのは、とっても、とーってももったいない事だと思うので、10万とか無謀な金額でない限り、とりあえずワーホリにきたら良いと思います!(無責任)

案外どうにかなってしまうものです。Take it easy〜✌🏻

 

 

ではまた!

 

 

↓押すと私が喜びます


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 

半年経ったってよ。

f:id:imakko:20170817175222j:image

こんにちは。

今日、8月17日で、NZ生活も6カ月が過ぎ7か月目に突入しました。

...ということは、もう半年ニュージーランドで生活しているということ。

びっくり〜!時が経つのは本当に本当に早いわ( ˘ω˘ )

 

区切りが良いので、今日はこれまでの半年間をブログと共にざっと振り返ってみようと思います。

 

 

2月

16日 家族と友達に見送られながら出国。緊張と不安で胃を痛める。

17日 機内で日をまたぎ、結局一睡もできずニュージーランドに到着。

imakko.hatenablog.com

 

・ネルソンに6日間滞在。銀行口座を開設する。

imakko.hatenablog.com

 

23日 ネルソン(南島)からタウランガ(北島)にキウイフルーツの仕事を求めて大移動。人生初のバッパー生活を始める。

imakko.hatenablog.com

 

・CVを配ったりパックハウスにアプライするも、仕事探しにかなり苦戦。ニート生活真っただ中。

imakko.hatenablog.com 

・アプライしていたあるパックハウスのお偉い人を自分のおバカな勘違いで怒らせる事件が起こる。かなりへこんで寝込む。

・仕事がなかなか見つからない(始まらない)不安とホームシックのダブルパンチで、道のど真ん中で泣いたりする(情緒不安定)

 

 

3月

・IRDナンバーを申請しゲット!仕事の準備は完了!だがまだニート

imakko.hatenablog.com

 

・バッパーのニート仲間と遊びほうける毎日。

・トンガリロにトランピングしに行ったりロトルアに行ったりしてたら、やっとキウイのパックハウスの仕事が始まる。ニート生活が終わり、昼夜逆転生活が始まる。

imakko.hatenablog.com

 

 

4月

・仕事仕事仕事キウイキウイキウイ。大量のキウイフルーツに殺意を抱きながら仕事をする毎日。完全に昼夜逆転生活に慣れてしまい、仕事がない日でも夕方に起きて朝方に眠る生活。

imakko.hatenablog.com

 

 ・途風邪を引き寝込む。が、すぐに回復。

 

 

5月

・相変わらず仕事の毎日。どんどん仕事が忙しくなってくる。1週間で$800を超える週も出てくる。

・貯まったお金でついに車を買う。モっちゃんと命名。

imakko.hatenablog.com

 

・人生2度目のホビトンに行き2年前のリベンジ完了。

imakko.hatenablog.com

 

 

6月

・REGOの更新をする。

imakko.hatenablog.com

 

・急にパックハウスの仕事が終了。再びのニート生活。

imakko.hatenablog.com

 

・約2週間かけて昼夜逆転生活から普通の生活に戻す。しんどい。

・他の街に移るか南島に行ってしまおうか悩んだ結果、そのままタウランガに滞在し、パッキングの後に始まるCAを待つことに。

imakko.hatenablog.com

 

・が、なかなか始まらないCA。滞在しているバッパーでエクスチェンジの仕事をして宿代を浮かす。

 

 

7月

・WOFを受けるもパスできず。色々修理をしてやっと通る。

imakko.hatenablog.com

 

・今までバッパーで長い間一緒に暮らしていた人たちが次々に出ていき、少々おセンチタイム。

・やっとCAが始まる。約1か月のニート生活終了!

imakko.hatenablog.com

 

・南島に行くために売り出していたモっちゃん(車)との別れ。ニュージーランドのおじさんに買われる。

imakko.hatenablog.com

 

 

8月

・5か月以上滞在したタウランガを離れ、新しい環境を求めて南島のブレナムへ移動。

imakko.hatenablog.com

 

・まさかの到着して4日で仕事を始める。最短。

imakko.hatenablog.com

 

・現在:平日はしっかり10時間半働き、土日はしっかり休む生活最高!5時半に起き、22時に寝る生活も最高!今が一番健康的な生活してる気がする!

 

 

 

この半年間、本当に色々なことがありましたね。

私的には、ネイティブ相手に英語が普通に話せる、聞けるようになったことと、色々なことに対して積極的になったことがこの半年間で感じたちょっとした成長です。

以前の消極的で石橋を叩かないと行動できなかった私はいずこへ...

 

残りの5か月間で何が起こるのか、自分がどう変わるのかとってもとっても楽しみでございます。

 

 

学生のうちに休学をしてワーホリをする選択は間違ってなかったなあ~とつくづく思います。この話は時間があるときにまた今度!

 

ではでは!

 

 

↓押すと私が喜びます


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 

仕事が始まった話。

f:id:imakko:20170810182454j:image

こんにちは。

 

昨日からブレナムで働き始めました。

今回はミルクパウダーファクトリーです。

 

 

ウランガにいた時は、できるだけバッパーには頼らずに自力でアプライしてましたが、そのぶん時間がかかったのと仕事がなかなか見つからない不安でキツい部分もあったので、今回は完全にバッパーのツテでお仕事ゲットです。

 

ブレナムに到着後してなんと4日でお仕事ゲット。最短です✌🏻

 

 

お仕事内容をざっくり言うと、ミルクパウダーの製造と袋詰め。

白いヘアキャップに白い作業着、白い長靴をはいた全身ホワイトな感じで仕事してます。

f:id:imakko:20170810184722j:image

(こんなやつ。シュール。)

 

朝の7時から夕方の5時半までで基本週5。たまに週6らしいです。

 

 

キウイフルーツのパックハウスみたいに天気によって仕事がなくなることがないので、安定してお金が稼げるのはとてもとても嬉しい...!

 

あと仕事中に音楽が聴けるのがとってもありがたい!

機会音の中、ずーっと同じことをしてるのは頭がおかしくなるので...(パックハウスで経験済み)

 

 

しばらくこのファクトリーで仕事をして、お金がそこそこ貯まり次第、どこかでWWOOFをしながら生活して、最後の1ヶ月でニュージーランドを旅行して帰ろうかな〜という感じです( ˘ω˘ )

 

 

週50時間も働いたらきっとすぐにお金も貯まると思うので、気楽にやっていこうと思います。

 

 

明日も5時起きだけどついに華金

ちょっと飲みに出かけたい気分です。

 

では!

 

いざブレナムへ。

f:id:imakko:20170805183548j:image

こんにちは。

おとといタウランガを離れネルソンに一時滞在して、今朝ネルソンを出発、そして最終目的地であるブレナムに到着した次第であります。

f:id:imakko:20170805184321j:image

(オークランドからネルソンの飛行機が遅延して7時間空港で待機が一番キツかったわ...)

 

 

さすが、ニュージーランド国内で一番のワイン生産量を誇るブレナム。中心街をちょっと離れると一面のぶどう畑!🍇🍇🍇

話には聞いていたけど、ここまでぶどう畑が広がっているとは予想外。

 

 

今まで中心街が「City Centre」と呼ばれる場所にしか行ったことがなくて、「Town Centre」と表記される場所に滞在するのは今回が初めてです。(日本語で言うと「街」と「町」の違いって感じ。)

 

でもこじんまりとしてるけど、お店は色々と揃っているので不便はなさそうだし、周りは山に囲まれてて景色も綺麗だし、私この町けっこう好きだ!

 

都会よりも田舎派です。

 

 

今回もずっとバッパーに滞在予定ですが、まさかのタウランガで同じバッパーだった友達2人とブレナムでも同じバッパーかつ同じ部屋でした笑

まさかの再会。世界は狭い。

 

仕事の話を聞いてみると、ほとんどみんな着いて1週間くらいで仕事始めてるから心配ないよと言われました。よかった〜安心、安心。

 

のんびり仕事を探しつつ、しばらくブレナム探索でもしようと思います( ˘ω˘ )

 

 

では!

 

さよならタウランガ

f:id:imakko:20170803050648j:image

こんにちは。

こちらは朝8時を回ったところです。

今朝タウランガを出て、只今オークランドに向かうバスでこれを書いてます。

 

約5ヶ月半滞在しただけあって、とてもとても寂しいです。

 

今まで何人もお見送りをして来たけど、今日は自分が見送られる番でした。

私よりも先にバッパーの仲間が仕事に行ってしまうので、最後にみんなとハグしてお別れしましたがちょっと泣きそうになってしまった...

 

みんな、またどこかで会おうぜ...!

 

 

振り返ってみると、タウランガで色んなことしたなあ、と。

そのほとんどが人生で初めての経験ばかりでなんだか感慨深い...。

 

 

(車酔いしたので中断)

 

 

さっきまでちょっとおセンチだったのに、今はPharrell Williamsなんか聞いてノリノリです。

 

びこーず あいむ はぴ(↑)ーい(↓)ーーい(↑)ーーい(→)ー

 

切り替えの早さは割と秒である。

 

 

オークランドに着いたら6時間ほど空港で待機してネルソンに飛びます。

ネルソンに数日滞在してからブレナムに向かい予定です。

 

それにしてもまたネルソンでございます。

ネルソンどんだけ好きなんだ自分。

 

 

新たな場所でこれからどんなワーホリになるか非常に楽しみでございます( ˘ω˘ )

ではでは!!

バックパックを買うの巻。(ワーホリはスーツケース派?バックパック派?)

f:id:imakko:20170730105803j:image

(昨日の夕焼け。きっと今日も綺麗なはず。)

こんにちは。

本日もタウランガは晴天なり。

 

 

ついに買ってしまいました、バックパック。

 

朝起きて、「あ、牛乳切れてるから買いに行こう〜」と同じノリで「あ、バックパック買いに行こう〜」と、何故かそう思って、気がついたらもう手元にあります。こやつが。

f:id:imakko:20170730105958j:image

(ちょうどセール中で40%offでちょっと助かったけど、それでも決してお安い買い物ではなかった...)

 

 

ニュージーランドを代表するスポーツブランドの一つであるmacpacでお買い上げです。

 

総容量75L、後ろの小さいリュック(15L)は取り外し可能でデイリー使い可、本体のショルダー収納可でボストンバックのようにも使えるのが決め手だったかなあ。

 

店員のお兄さんに「どういう目的のバックパック探してるの?」と言われて「旅行に。(For traveling.)」と答えたつもりが「トランピングに。(For tramping.)」に聞き間違えられ、ゴリゴリ山装備のバックパックを勧められる事件がありましたが、なんとか旅行用(兼トランピング笑)のバックパックを買うことができました笑

 

 

しばらくは容量90L以上の特大スーツケースで移動の予定でしたが、やっぱり前回のネルソンからタウランガの移動で味わった苦労を何回もしたくなくて買ってしまったよね、うん( ˘ω˘ )

 

 

これで特大スーツケースとはお別れして、今回買ったmacpacの75Lののバックパックと普段使ってるColemanの33Lのバックパックのバックパック両刀使いマンになります。

 

移動時には前にも後ろにもバックパックを背負うスタイル。なかなかシュール。

 

一つ問題は、90L以上のスーツケースにパンパンに入っていた荷物をどうやって75Lのバックパックに詰め込むのか。断捨離するしかないか...。頑張ろう。

f:id:imakko:20170730134052j:image

(右から左へ。無謀な気がしてきた。)

 

 

ちなみに

ワーホリにスーツケースで行くのか、バックパックで行くのか色々と意見はあると思いますが、その人がワーホリでどういう生活をしたいのかでスーツケースかバックパックは分かれるんじゃないかな〜と思います。

 

同じ場所にずっと滞在する予定だったり、車を購入する予定ならスーツケースで良いと思うし、車の購入予定なしで色んなところに移動する予定ならバックパックが良いと思うし。

 

私はバックパックで行くという選択が全くなくて何となくスーツケースで来たけど、途中でバックパックに買い替えるのはお金もかかるし勿体無いので、ワーホリに来る前にどういうスタイルでワーホリを過ごしたいのか考えてからスーツケースかバックパックかを選ぶのが良いと思います👍🏻👍🏻

 

 

ではでは!